■プロフィール

lunasol2011

Author:lunasol2011
飼い主:通称hana
猫生活にどっぷりつかっています。

ルナ:ショートヘアソマリ♀(ルディ)
2009年9月12日生
おとなしいのに自己主張のはっきりしたお嬢さま

ソル:アビシニアン♂(レッド)
2011年2月4日生
何にでも首をつっこむやんちゃ坊主で甘えん坊

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

フォトブック作りのコツ
一昨日の記事で、お安いフォトブックを紹介しましたが、フォトブック作りのコツを教えて~というリクエストが友人からあったので、飼い主的フォトブック作りのコツをご紹介したいと思います。

(※レイアウトの例には、正方形のフォトブックの見開きを使っています。)

もちろん、どんなフォトブックを作るかは、作り手の自由です^^
なので、以下は「飼い主がフォトブックを作るときに気をつけていること」くらいのつもりでご覧下さいね!

(1)飼い主的レイアウトのコツ

①余白を活用する
フォトブックの編集画面を前にすると、全面を愛する猫さんの写真で埋めたくなるのですが…
見開き全面に写真を配置すると、ちょっとうるさい感じになってしまうので、強調したいほうの写真を大きく、もう一方の写真を小さくすると、余白のおかげで、大きい写真が際立ちます。

20150218-14
(ちょっとうるさい感じ)

20150218-15
(余白ですっきり)

②フレームの種類をランダムに配置する
同じフレームが続くと単調な感じに見えるので、大きなフレームの次は、小さなフレームで写真が複数枚…というように、写真の配置に変化をつけます。

③同じような写真を並べない
フレームの配置に変化をつけても、中の写真が同じようなショットだとやはり単調に見えます。
お顔のアップの次は、全身のショット…というように、被写体の大きさにも変化をつけます。
小物など、猫さん以外の写真も入れるとおしゃれな感じに…

20150218-1
(お顔のアップばかり)

20150218-2
(全身のショット入り)

④同じフレームに同じような写真を並べる
②、③と全く逆のことを、効果のひとつとして使います。
あんまりやるとくどいので、1冊のフォトブックの中で、1回くらい使う手法です。

20150218-3

⑤被写体の向きに注意する
猫さんが斜めや横を向いている写真の場合は、見開きの中央を向くように、配置したほうが安定感がでます。

20150218-4
(見開きの中央向き)

20150218-5
(外向き)

⑥見開き中央近くに、見せたいものを配置しない
見開き中央はフォトブックを綴じる関係で見づらい部分なので、猫さんのお顔など、見せたい部分は配置しません。

(2)飼い主的トリミングのコツ

①背景をすっきりさせる
背景をぼかした写真でも、背景にはいろんなものが写っています。フォトブック用にトリミングするときは、極力背景に無駄なものがないようにすると、すっきりします。

20150218-6
↓(背景の余分なものをカット)
20150218-7

②背景の色を利用する
猫さんの写真ばかりで、ページ全体の色が単調になってしまうときは、①とは相反しますが、わざと背景にある色を残してトリミングします。

20150218-8
(茶色ばかり…)

20150218-9
(背景や前景の色をプラス)

③中心をずらす
写真の構図でも言われることですが、主役になる部分を真ん中にせず少しずらした位置に配置してトリミングします。
三分割法と呼ばれるもので、縦横を3等分した交点に主役の部分を配置します。

20150218-12
↓(三分割法を使って…)
20150218-13

④大胆に切ってみる
猫さんの耳やおひげは、必ずしも全部写っていなくても大丈夫!
たまには、バッサリ切ったトリミングもシャープな雰囲気がでます。

20150218-10
↓(お目目が強調されて精悍に…)
20150218-11

(3)おまけ

飼い主、フォトブックやブログに使う写真は、かなりの割合でトリミングなどの加工をしています。
特に猫さんの場合、料理や花を撮るのと違って、被写体が動くので、被写体にピントをあわせるのに精一杯で、フレーミングにまで気を使う余裕がないからです。
トリミング以外におすすめするのは…

①背景の傾きを水平に補正するだけで、すっきり綺麗に見えます!

②画像の修正をやり過ぎるのはどうかと思いますが、猫さんの目やになどは、消してあげています^^


いろいろ書きましたが、これは気をつけているだけで、必ずしも全部そのとおりにやっているわけではありません。
特に(1)の⑤などは、直感で決めてしまっていいと思います。
飼い主の場合、意識せず、適当に決めていたら、結果としてそうなる場合が多かったというだけですから^^;

さて、飼い主もフォトブック作りのコツなんて書いてないで、ルナソルのフォトブック、頑張って作らなくっちゃ!


にほんブログ村 猫ブログ アビシニアンへ
にほんブログ村

(2月18日分)

チャオママさま
この煮干しはだしとり用じゃなくて、そのまま食べるのです^^
ワインには合わないけれど、ビールや日本酒には合いますよ~
市販の煮干しみたいにカチカチじゃなくて、ソフトタイプな感じ…
この自家製煮干しをルナソルにあげるとしたら、茹でる時に塩を入れないで
茹でるしかないけれど、そうするとうまくできないの…
もっとも、ルナはこれには見向きもしませんけどね^^;

ニノかーちゃんさま
いえいえ、この煮干しを作るは、私ではなくてダンナです^^;
まあ、自分でとってきたものは、自分で加工してもらうってことで…
ソルは自家製煮干しのにおいは大好きだけど、しょっぱいので
あげたことがありません…
においだけ好きって場合もあるかもしれませんね~

ポルベガのおばさんさま
うちもソルはお魚の焼けるにおいには反応しますよ^^
フォトブック作ったんですね!
選ぶ写真が少ないと作るのも気楽に作れますよね!
スチームパンクのコスプレ特集、素敵!
Beef ? or Checken ? が入ってるといいなあ^^
スポンサーサイト


未分類 | 21:42:46 | トラックバック(0) | コメント(3)
コメント
すごい!参考になる・・とか言いながら、常にFUJI FILMさんの自動レイアウトを使ってる私としては、ふーん、そうやってるんだあというのが実際かな。
レイアウトだけじゃなくて、ブログの写真にも応用できるよね。
勉強になりました!
↓ 煮干し、自分でつくれるんだね。猫さん用にはどうやったらいいの?
2015-02-20 金 00:05:33 | URL | あびぞう [編集]
 ほほ〜!
すっごく勉強になりました!!
こうして比較してみるとさらに分かりやすいっ。
hanaさんの丁寧な説明が素晴らしいです(^^)
私もフォトブック作るときに参考にさせてもらいますね♪
ありがとうございます!
2015-02-20 金 14:19:51 | URL | utsubokazula [編集]
ホントにマメだよね〜。
すごい!!
皆参考になったんじゃないかな〜。

アタシなんて写真すら選べなくて結局いつもお流れになるのに、
そんなトリミングとか、目くそ鼻くそ消すとかまずムリーーーーーーー^^;
でもやっぱり、レイアウトやトリミングのセンスとかはhanaさんのセンスの良さがあってこそよ〜。

2015-02-20 金 14:21:04 | URL | チャオママ [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad